AGA改善の治療薬:ミノキシジル

AGA改善の治療薬:ミノキシジル

ミノキシジルは、AGAの治療薬です。もともとは高血圧のための薬でした。

ミノキシジルは、血管拡張と発毛促進の作用が認められたため、AGAの治療薬として使われるようになったのです。

ミノキシジルの特徴は、髪の毛の成長期を延長させるだけでなく、休止期を短縮することで、増毛を促進させます。

ミノキシジルには、飲み薬と塗り薬があり、効果的に頭皮に働きかけるのです。

AGAの治療薬はいくつか認可されていますが、発毛に効果を発揮するのはミノキシジルだけです。

そのため、多くの治療でこの薬が処方されています。

飲み薬は、医師の処方箋が必要な薬で、クリニックに行かなければ手に入れることができません。

しかし、塗り薬であればドラッグストアなどで販売されています。

誰でも気軽に買えるだけでなく、効果を実感できるので、身近なAGA治療薬と言えるでしょう。

AGA改善の治療薬:プロペシア

プロペシアは、有効成分のフィナステリドが含まれた薬です。飲み薬としてしか扱いがありません。

プロペシアは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを抑制します。

ジヒドロテストステロンは、AGAを発症する最大の原因とも呼ばれていて、成長期でまだ抜けなくてもよい毛を脱毛させます。

プロペシアは、ホルモンの働きを抑制し、成長期の毛を抜けさせません。

そのため、髪の毛は成長を続けられ、薄毛の原因に直接働きかけられるのです。

プロペシアは、抜け毛を減らして、薄毛の進行スピードを弱められる薬です。

プロペシアには、発毛を促す効果はありません。

しかし、脱毛を止めることで、髪の毛1本1本がしっかりとして、全体のボリュームを改善できるのです。

プロペシアは、抜け毛を減らす効果があり、それにより髪の毛の状態を改善していきます。そのため、飲んだらすぐに髪の毛がたくさん生えてくるわけではありません。

継続することで効果を感じられるでしょう。

Filed under: 未分類