AGA対策で医師に相談する

AGA対策で医師に相談する

AGA(男性型脱毛症)は「遺伝や年齢のせいだから仕方がない」と多くの男性が諦めています。

しかし、AGAは、医師に相談することで、治療できるのです。

薄毛は進行性で、早期の対策が望まれます。

男性の中には、自分はまだ早いのではないかと思う人も多いようです。

しかし、自身の頭髪状態を確認しておくと、その後が楽になります。

健康保険が適用にならないので、費用は全額自費です。

しかし、早めに手を打つことで、その後の進行を食い止められます。

さらに、医師から正しい知識を得られることで、AGAに対して良い習慣や悪い習慣などもわかるのです。

相談だけなら費用はそれほどかかりません。

また、治療をするかどうかも医師と一緒に決められるのです。

AGAだと気づいたら、早い段階で医師に相談するといいでしょう。

専門のクリニックも多くあり、相談しやすい環境が広がっているので、気軽に受診することができます。

AGA対策のための治療の流れ

AGA治療を希望してクリニックを受診しても、いきなり治療が始まるわけではありません。

初診では、まずはカウンセリングを行います。

頭髪の状態についての問診を行い、医師が診察します。

また、AGAでは薬を使うために、現在飲んでいる薬なども問われます。他にも治療中の病気がある場合は、医師に伝えましょう。

血液検査を行う場合もあります。

現状を正しく把握したうえで、薄毛の対策を練ることになります。

AGA治療クリニックでは、スタッフが全員男性であることが多く、患者の心理面の考慮もされています。

また、薬の処方も院内でできるので、処方箋を持って薬局に行く必要もありません。

薬を飲んだからといって、いきなり髪の毛が生えてくるわけではありません。長期的な継続を行う必要があります。

そのため、毎月1回など定期的に受診して経過を見て、治療方針の確認を行うのです。

Filed under: 未分類